篠原涼子は整形なのか?豊胸確定。鼻も?目を二重に【アイドル時代と顏が違う】

市村正親と結婚した女優の篠原涼子に整形疑惑が浮上しています。

モデル、歌手、女優、と他人から羨望の眼差しで見られる立場ですから、
顔のケアというのは人一倍力を入れてしなければなりませんが、
その顔が天然なのかどうか過去の画像と比較検証していくことにしましょう。

具体的に整形を疑われているのは、目、鼻、エラですね。
あとは、「豊胸手術をしているのでは?」という話もありますよ。

スポンサードリンク

整形疑惑を検証

まず目に関してですが、デビュー前の写真と比較してみましょう。
WS000008 WS000009

もともと彼女の目は平行型二重ですね。
さらに下の写真を見ても、目頭切開手術をしている形跡は一切ありません。

二重の幅もさほど変化はなく、メイク方法の違いによる変化と言えそうです。
しかし、メイク方法でここまで変わるんですね。
ツヤを出してマスカラやつけまつ毛でガラリと印象が変わるものです。

WS000006WS000007

芸能界デビュー当時【東京パフォーマンスドールメンバー時代】から、鼻も高いですね。
また彼女の場合は、小鼻が大きいんですが、それも特に本人は
コンプレックスに感じてはいないようで、変化はありません。

ただし、篠原涼子はとあるインタビューで、「もし整形をするんだったら、鼻をする」と答えていました。
その余裕から見ても、やはり整形しているとは言い難いですね。

WS000012 WS000011

スポンサードリンク

またエラの整形に関して言われるのも、角度によって頬から顎にかけて
シャープになった時期があるからでしょう。
しかし、頬からあごの形を見ても、昔となんら変化はなく、天然でしょう。

WS000010WS000013

また豊胸疑惑に関しては、現在のカップサイズはEということなんですが
まだあまり知名度が無かった直に比べますと、明らかに変化があります。

それは、トリンプのCMでは、より鎖骨に近い部分まで膨らんでいることがわかるんですが、
そのように肉厚が比較的上部にある人というのは、豊胸手術を施している可能性が高いんです。

ということで、篠原涼子の整形疑惑については、「黒」とさせていただきます。
ただし、顔部分はまったくもってイジっていませんね。

 

略奪婚の経緯

さて、さきほどもチラッと紹介しましたが、彼女の旦那は市村正親です。

WS000015
そもそも出会いのきっかけ、馴れ初めは、2001年9月に行われた舞台「ハムレット」での共演で、
そこからの付き合いなんだとか。

しかし、当時は、まだ彼には八重沢真美という嫁がいたはずです・・・
結婚したのは1984年で、離婚したのは2003年ですからね。

彼女は、劇団四季に元々在籍していた女優です。
子供がおらず、彼の女性スキャンダルに頭を悩ませていたそうです。

篠原涼子とも不倫していたのかは定かとはなっていませんが、
市村正親は元嫁と2002年から別居生活となっていたことは明らかになっています。

よって、篠原涼子と付き合っていたということは十分に考えられますね。

略奪婚という形になったのは事実ですね。最初は、篠原涼子の父親が

「略奪にあたるのでは?」
「旦那の年齢差が10歳しかない」

などを理由に、二人の結婚を認めてはくれなかったそうです。

まぁ確かに、市村正親と篠原涼子の年齢差は、24ありますからね。
子供を出産すると考えた時に、子供が成人する時に父親は健在とは限りませんし、
親としては娘に苦労をして欲しくはないでしょうから、心配かつ慎重になるのもわかります。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA