加藤貴子は整形で顔が変わった?[昔の画像で比較]。

高齢出産ということで話題になった加藤貴子さん。
現在もとても可愛らしい女優さんですが、昔からこの可愛さだったのでしょうか?
それとも整形?
昔の画像と比較して行ってみようと思います。

加藤貴子プロフィール

かとう たかこ
1970年(昭和45年)10月14日生まれ
静岡県清水市出身。
東海大学短期大学部卒業。
所属事務所はアミューズ。

なんと現在47歳!
あの可愛らしいアニメ声のせいもありますが、顔も童顔でとてもアラフィフには見えません!

1989年、UCC缶コーヒーイメージガールコンテスト入賞。
1990年、3人組アイドルグループ「Lip’s?」でデビュー。
1992年、「Lip’s」解散。
1995年、プロダクションをアミューズに移籍。
2006年4月、加藤たか子に改名。
2008年1月、再び本名の加藤貴子に改名。

女優のイメージの強い加藤貴子さんですが、なんと元々はアイドルだったようです。

加藤貴子をはじめ、吉村夏枝と山本京子の3人からなる女性アイドルグループでした。
1990年にデビューして1992年に解散しました。
活動当時は、長老・お笑いキャラ。
しかし、Lip’sが、すぐに解散しなかったのは、彼女がFM静岡に食い込んでグループとしてのレギュラーをつかんだためであり、その点では功績があったといえる。
解散後の活躍は別項参照。
愛称UCCミスハーフビターちゃん。

当時の画像がコチラ。

スポンサードリンク

真ん中の女の子が加藤貴子さんです。

90年代は、多くのドラマに出演。「白線流し」、「高校教師」、「いつか好きだと言って」等多数。

しかし当時はパッとしない役や役名のないこともあったようで、地道に仕事を続けていきます。
そうはいっても立て続けにいろんなドラマに出られたことは、本人の素質と大手事務所の力でしょうね。
そして、その後、加藤貴子さんの代表作となるドラマに出会います。

「温泉へ行こう」の女将役でブレイク!

1999年、TBSの「奥さま劇場」枠(昼ドラ)にて、主役を務めます。
老舗温泉旅館を舞台に、加藤貴子演じる新人女将の成長を追った奮闘記です。
加藤貴子の持つ明るいキャラクターが、いじめや困難にも負けず、なんとか前向きに女将を務める主人公の役柄と相性が良く、視聴者の心を掴みます。
ドラマ自体も好評でシリーズ化されました。

お茶の間の人気者となった加藤貴子さんは、このドラマ以降、「科捜研の女」や「昔の男」など多くのドラマに出演し、順調にキャリアを重ねていきます。

加藤貴子の顔は変わった?整形したの!?

有名人につきものの整形疑惑や劣化の噂
加藤貴子さんの場合はどうなんでしょうか?

昔から可愛い加藤貴子

こちらはドラマ「白線流し」の頃の写真です。
とっても若い感じはしますが、みんなが知ってる加藤貴子さんそのものといった感じはします。

ではもう少し前にさかのぼってみましょう。
アイドル時代、左側が加藤貴子さん。
そう書かなくてもわかるぐらい変わってませんね。

スポンサードリンク

科捜研の女の頃や

温泉へ行こうシリーズの頃。
アイドル時代とあまり変わりません。
では現在の写真を…。

40を過ぎても子の可愛らしさは美魔女のレベルを超えていますね。

出産直後はかなり体重が増えていたようなのでパツパツ感はありますが、顔変わったとまではいかない気がします。
劣化というほどのこともないですよね。

歯並びを矯正したの?

加藤貴子さんの歯並びについて書いてある記事を見つけました。
それを見るところ、歯並びはいいようですが、前歯に差し歯があるようです。

加藤貴子さんの前歯ですが、歯並びが良くて綺麗です。ただ差し歯のようです。
前歯10本が差し歯だと思われます。
第一大臼歯の色とのコントラストや歯茎のVの字ラインなどから差し歯だろうと推測できました。

とありました。
ですが、昔の写真を見てもとても歯並びがいいので、出産で弱くなって欠けてしまったのか、なにか事情があって差し歯にしたのか、はたまた差し歯ではないのか、真相は分かりません。

温泉へ行こうの頃も歯並びはキレイですよね。

高齢出産しても可愛い加藤貴子

出産すると美容面でもダメージがあるとよく聞きますが、加藤さんはというと…。

ノーダメージです!
生活感ある室内に親近感を覚えます(笑)
しかし、加藤貴子さんは第二子妊娠発表の際に女性たちから反感を買ってしまいます。

まず、不妊の原因は女性側だけではない、『男性不妊』というのもあることを知っていただきたいです。
現に我が家は男性不妊でした。
精子が一般男性の10%しかなく、そのうえに、運動率5%と言われた時もありました。
通常の男性の精子の状態と、旦那さんの精子の状態とをモニターで見比べたときに旦那さんは 、まるで世界で一人だけ取り残されたような顔をしていました。
「奥さんの年齢も加味すると、今の旦那さんの状況では顕微授精でしか妊娠できる可能性はないです」
と、はっきりドクターに言われました。
旦那さんは相当ショックを受けたようです。
まさか、妊娠できない理由が自分にもあるんだとは、思ってもいなかったようです。
なので、1年間自然妊娠をトライしてお子さんが授からなかった時は、どうかご夫婦でクリニックへ行って検査をしてみてください。
私たちは、クリニックの門を叩くまで、8年間も足踏みをしてしまいました。
その間に卵子はどんどん老化していました。
しかも、私は卵子の老化についてまったく無知で、生理が順調で体力さえあれば、歳をとってもすんなり妊娠出来ると思っていたんです。
避けられるものなら、私たちが経験したことを避けて欲しいと思います。
不妊で悩んでいる方へのアドバイスだったのですが、なぜ反感を買うことになったのか?
「ハイハイ自分擁護ね」
「旦那の不妊を強調してるみたいでやだね」
という声があがったようですがその理由は
第2子妊娠を発表する直前に、旦那の不妊をブログで公表
してしまったことにあるようですね。
加藤さん的には「旦那さんに原因があることもあるので、夫婦で一緒に検査してみてください!2人で乗り越えてください」そういったメッセージのつもりだったんでしょうがね…。
タイミングって難しいですね。
スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*