黒木華は目が小さいし顔は長い!整形はしていないがモテる顔なの?

演技派若手女優 黒木華さん「顔」関する様々な噂を画像で検証してみました!

黒木華さんとは?

名前の読みは「はな」ではなく、「はる」です!
華(はる)はなと間違えている方も多いのではないでしょうか。

生年月日:1900年3月14日 年齢:27歳(2017年現在)

追手門学院高等学校で演劇部に所属し、1年生から主役を務めていた。
その後、京都造形芸術大学・芸術学部映画学科俳優コースに進学。
大学では林海象、東陽一らに師事して演技を学ぶ

大学在学中の2009年に野田秀樹の演劇ワークショップに参加し、
オーディションに合格してNODA・MAPの公演『ザ・キャラクター』に
アンサンブルとして出演してデビューした。その傍ら、著名な劇団である
Youth Theatre Japan (YTJ)に所属し、ミュージカルに出演。
さらに番外公演の『表に出ろいっ!』ではヒロイン役のダブルキャストの一人として
十八代目中村勘三郎らとともに舞台に立った。
その後もNODA・MAPのほかに阿佐ヶ谷スパイダースなどの舞台に出演している。

2011年には『東京オアシス』にメインキャストとして映画初出演した。
2012年には『おおかみこどもの雨と雪』で声優初挑戦、
2013年には連続テレビ小説『純と愛』、『リーガルハイ』第2シリーズなどの
テレビドラマでレギュラー出演し、映画でも初主演(ダブル主演)した
『シャニダールの花』や『舟を編む』での演技が評価され、
キネマ旬報ベストテンや日本アカデミー賞など、日本の主要映画賞で計7つの新人賞を受賞した。

【主演ドラマ「重版出来」】


【「重版出来」あらすじ】

スポンサードリンク

幼いころから柔道に打ち込んできた主人公・黒沢心
オリンピック日本代表の呼び声も高かったが、
怪我がもとで選手生命を絶たれたため柔道から退き、就職を決意した。
大手出版社興都館の就職試験を受けた志望動機は、
子どものころに柔道を扱った漫画を胸を熱くして幾度も読み返し、
それがきっかけで柔道を始め、情熱を傾ける青春を送れたことが何より大きい。
かつて自分がそうであったように、読者が“何か”を得るような「漫画」を作りたいと熱意を語り、
採用される。入社後、週刊コミック誌「バイブス」編集部に配属され、編集者として歩き出す。

高校時代から演劇を学んでいただけあって、演技派として数々の賞を受賞
期待されている女優さんの一人です!

目が小さい?

黒木華さんのについて調べてみると、
「ブス」「ブサイク」という厳しい言葉も・・・
中でも言われているのが、目の大きさ

その「目が小さい」と言われている黒木華さんの目
画像で見てみましょう!!

確かに、小さい・・・
一重に見える奥二重です。
くっきり二重涙袋、そしてカラーコンタクトで目を大きく見せる女優さんも多い中、
自然な印象の目ではあります。

整形は・・・・なさそう。

顔が長いの?

「目が小さい」の他に言われているのが、顔の長さ
「顔がでかい!!長い!!」と言われているんです。
本当にそうなのでしょうか?
画像を見て見ると・・・
下の画像では、あまり長さがあるように感じませんね。

スポンサードリンク

下の画像は・・・
長い!!
撮り方なのか、顔が長く感じる!!

舞台挨拶の画像で、他の共演者の方との顔を比してみると・・・

黒木さんの隣の女優さんと比べても大きさの違いが分かりますね。
そして、綾野剛さんの方が小さい!!
黒木さんの顔が長いのか、綾野さんの方が小さいのか・・・・

結果
「黒木華さんの顔は長い」は当たっているのかも。

小さい頃の画像は?

黒木華さんの小さい頃の画像を見つけました!!
まずは、幼稚園の頃の画像から!


笑顔の雰囲気は今と同じですね!
続いては、七五三の時の画像

下の画像は、大人になった黒木華さんの着物姿

顔の印象は、変わりませんが、
大人になって、表情の作り方が綺麗ですね。
最後は、12歳の頃の黒木華さん

幼稚園の頃から12歳まで、やはり今の黒木さんの印象そのままでした!

モテる?

最近は「離れ目昭和顔」がモテる!ということで、
代表的な顔として黒木華さんの名前が出ているそうです。

「離れ目」というとあまり良い印象はないようような気もしますが、
柔らかい優しい印象になるのかもしれませんね。

実は、ヘビースモーカー!?

2014年2月、フライデーに掲載された黒木華さんのヘビースモーカー疑惑!
その記事の内容がこちら!

2014年2月20日 フライデーより

そんな彼女の姿を本誌がキャッチしたのは、新宿で上演されていた舞台終演後の夜。
劇場から出てきた黒木は出待ちのファンらにサインをしたり、握手を交わしている。
舞台を終えたばかりにもかかわらず、疲れた表情は見せず、笑みを絶やさない。
黒木はファンらと語り合った後、共演者の舞台俳優・玉置玲央(28)と連れだって
最寄りの地下鉄駅方面へ向かった。地下通路を歩きながら、仲良さげな二人。
笑い合いながら、改札をくぐり、地下鉄に乗り込んでいった。
その後二人はそれぞれの駅で別れ、黒木は冒頭のようにスーパーで買い物。
店を出たところでタバコに火をつけ、ややけだるそうにフーッと煙を吐くと、
スマホを眺めながら、住宅街の暗がりへと消えていった。

他にも・・・

あどけない顔して、彼女はチェーンスモーカーですよ。
ドラマや映画の現場でも、休憩のたびにタバコをくゆらせていますね。
メンソール系のタバコですが、1日1箱ペースなんだとか。
ニコチン中毒で長時間の着席を余儀なくされる映画賞の授賞式では
『早くタバコ吸いたい』が口癖だそうです」(前出・映画制作会社社員)

タバコを吸っているのは意外でした!
でも、女優としては実力があり今後が期待されています。
今後の活躍にも注目しましょう!!

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*