天海祐希の顔は長いし大きいけど劣化しないのは髪の毛が原因?

女優 天海祐希さんといえば、
「かっこいい」「上司にしたい女優」と言われ、
人気がありますが、天海祐希さんが劣化しない理由
髪の毛とは一体どういうことなのか!?
画像で検証してみました!

天海祐希さんとは

中学で演劇部に入り2年生の時に宝塚ファンの担任に勧められ、
宝塚歌劇団への入団を志望。高校生の時に宝塚音楽学校の受験準備のため、
「大滝愛子バレエ・アート」に通うようになる。
1985年、宝塚音楽学校に首席で入学。
なお宝塚音楽学校入学は首席だったが、宝塚歌劇団入団時は26番だった。

1987年、73期生として宝塚歌劇団に入団、
雪組公演『宝塚をどり讃歌/サマルカンドの赤いばら』(主演:平みち)で初舞台。
。当時の月組トップスターは剣幸。尚『サマルカンド〜』新人公演では
バルフ王子(本役:鮎ゆうき、当時雪組新進の男役だった)役に配され
初舞台生の新人公演配役としては異例の目立つポジションの役どころをもらった。
その後月組に配属。同年の月組バウホール公演『青春の旋風〜リトル・ヒーロー三四郎』で
早くも準主役のひとりブーン役に抜擢され、年末公演の『ミー・アンド・マイガール』で
研一(入団一年目)にして新人公演に初主演。

1993年に初舞台から7年(正式には6年半)で月組トップスターに就任。
天海の後任になる月組男役トップスターは3代(久世、真琴、紫吹)続けて
天海より上級生であることや、また、この年行われた『ミリオン・ドリームズ』『風と共に去りぬ』
新人公演主演(在団7年目まで)は、天海の同期生である姿月あさとが
演じることになったことからもその出世の速さがわかる。
史上最速ペースでトップに就任したことから大地真央を上回る男役と言われたこともある。

1995年12月、28歳の時に『ミー・アンド・マイガール』で退団。
退団の際にはワイドショーで特集が組まれるなどマスコミ各社の高い関心を集めた。
これ以降はテレビドラマや映画にも出演するようになる。
171cmの長身とあまりにも強烈過ぎた宝塚時代のイメージから、
当初は女優としての個性を確立するのに苦労したが、
のちに女刑事や女弁護士などの役で生来の存在感を示すようになった。

【宝塚時代の天海祐希さん】

顔が長い?

「顔が長い」「顔がでかい」と言われている天海祐希さん。
天海祐希さんの顔が長さを画像で見てみましょう!

スポンサードリンク

隣のウエンツ瑛士さんが奥にいるとはいえ、
ウエンツさんの方が顔は小さいですね。

沢村一樹さんとの比較でも、
顔の長さは同じくらいか少し天海さんの方が長いかも!?

スポンサードリンク

身長が172cmある天海祐希さんなので、
全身を見ると、決して顔が大きいわけではないことが分かります!

劣化しないのは、髪の毛が原因?

劣化したと言われる芸能人が多い中、
劣化しないといわれている天海祐希さん。
髪の毛が劣化しない原因とはどういうことなのでしょうか。

【これまでの天海祐希さんの髪型】

髪型からは、劣化しない原因は分かりませんでしたが、
『肌や髪が、いつまでもキレイ』ということが劣化しないと言われている
理由のようです。

天海祐希さんの美容法は?

天海祐希さんの美容法がこちら!

● 硬いものを食べて、噛むときには左右バランスよくを心がける

● 週2回ジムに通っていて、太ももの内側の筋肉や深層の筋肉を鍛えるようにしたり、
週に1回パーソナルトレーナーについてもらって1時間ほどトレーニングを行なう

● シャンプーをするときは、肘を下げずに胸を張っておこない、二の腕を鍛える

● 歯を磨く時はスクワットやつま先立ちをする

● 体を温めることを大事にしていて、ひざ掛け、もこもこ靴下、腹巻きを使い、
朝は温かい飲み物を、夜は水素入浴剤が入ったお湯につかる

● 撮影をするときはどうしてもお弁当の食事になるので、栄養を補うために、
おひたし、納豆、漬物などを持参する

● 発酵食品や野菜を食べるようにしていて、自分で糠漬けも作っている

● 美白は特にしていないけれど、ハリ活はやっていて、
アスタブラン・エイジセンセーションマスクでまめにお手入れをする

● 寝る時間が遅くても、起きる時間は常に同じにしている

● 普段から血液検査をして体調を整え、
そのときの体調にあった食生活&サプリを教えてもらう

● 肌荒れが出たら皮膚科に行く

● 食べるようにアドバイスされたのは、2日開けて赤身の肉を適量摂取する、
蒸し野菜を食べる、葉緑素(クロロフィル)、オリゴ糖は欠かせない

● 温泉やお風呂が大好きでよく行く、最近はハーブサウナに行っている

● 海藻類を積極的に摂取するようにしていて、もずくや根昆布、めかぶなどを食べる

● 味噌汁やスープ、シチューを休みに作り置きしておいて、
普段はそれにパンかお米をプラスして元気の元にする

● 粗食派で、納豆としじみ汁だけで食事を済ませることもある

● 7時間は寝るようにしている

● お茶ににがりを数滴入れて飲む(美白効果がある)

● 休みの日は姿勢を正して散歩をする

● 疲れたときは焼肉を食べる

● 元々ストレスに強く、小さな幸せを探して日々を過ごしている

● 明日の自分のために、美容液とリンパマッサージをかかさない

天海祐希さんのようになるには、日々の努力が欠かせないようです。

 

 

[関連記事] 天海祐希は『天然顔』?タバコの吸いすぎで心筋梗塞になった?

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*