真木よう子の劣化で激やせ!ガリガリの理由や真相は役作りなの?

すっかりお騒がせ女優のイメージがついてしまった真木よう子さん。
心配になるほどの痩せ方のせいか劣化したとも言われています。
そんな真木よう子さんのガリガリの真相などについて探ってみました。

真木よう子プロフィール

生年月日:1982年10月15日
出 生 地 :千葉県印西市
身 長 :160 cm
血 液 型 :A型

現在35歳の真木よう子さん。

昔から豊胸整形肌荒れなどがネットで噂されていましたが、最近ではガリガリになったということで心配の声も多くあがっています。

激やせが心配!

真木よう子が主演をつとめたドラマ「セシルのもくろみ」での真木よう子の激やせっぷりが話題になりました。
そのドラマの撮影時の写真がこちら。

真木よう子さんはこのドラマに意欲的に取り組んでおり、ツイッターも開設し、神対応と言われることも多くあったのですが…。

スポンサードリンク

真木のツイッターといえば、ドラマ開始に合わせてアカウントを開設。
以来、撮影現場や共演者のオフショットなどを頻繁に更新し、宣伝を続けてきたものの、初回視聴率は5.1%と厳しい船出となった。
また内容についても、激やせ体型にもかかわらず、劇中で食事制限される展開に違和感があるとの意見が殺到している。

このセシルのもくろみでは、真木よう子さんのカラコンが違和感があるとか、身長の差が気になる。腹筋がすごい。
いいことも悪いことも言われていたようです。

視聴率が振るわなかったのは、モデルになるためにダイエットをしなければならないという真木よう子さんの役柄設定に無理があったから?感情移入できないという声もあったようですが、ドラマの内容的にはファンも多くいたようです。

ただ、真木よう子さんは以前から役作りで激太りや激ヤセなど出来る女優さんなので、もしかしたら今回もただの役作りなのかもと思ったのですが、今回の役ガラ的には元体育系のガサツ主婦と言う事なので役的にはもっとガッチリしてムチムチに太っていてもおかしくないですよね?

たしかに、こんなにお腹がぺったんこなのにダイエット?なんだか痛々しさを感じます。
モデルという役作りのためにダイエットしたら痩せすぎたのか?とも思ったのですが。
しかし、ここまでの激やせに駆り立てたものは、役作りではなくネットの噂だったとか?

激太りから激やせした真木よう子

「7月28日発売の『週刊新潮』によると、真木は過去にネットで肌荒れや激太りが叩かれたため、今回はドラマの撮影前に体質改善ダイエットを行ったそうです。
しかし結果的に痩せすぎてしまい、それが裏目に出てしまった。
テレビ局側もポッチャリ体型から次第に洗練されていく姿を期待していたそうですが、当てが外れたようです」

スポンサードリンク

激太りと言われた頃の画像がこちら。

これは確かに、二重あごがすごいですね(笑)
芸能人の方ってこんな風に極端に振り切る方が多すぎる気がしますが、ほどほどが一番です。

ネットの反応を気にしすぎてストレスに?

真木さんはツイッターでの対応にも見られるように、ネットをかなりチェックする人のようです。

ドラマ撮影時のツイッターでもこんなことがあったようです。

「真木は『19歳の頃の私を置いていきます!』として当時の写真をツイッターに掲載。
それに対し『整形前の真木よう子さんです』と書き込まれると、『整形て、最高の褒め言葉』と見事なコメントで切り返し。
『セシルのもくろみ』の第3話を見た視聴者から『(胸が)垂れた』との声が寄せられると『子供産んで授乳して、34歳の本物のFカップは、重力に逆らえず垂れるのが正常です』と堂々とツイートしたことが報じられました」(芸能ライター)

整形疑惑も豊胸疑惑も一緒に吹き飛ばすほどのナイスな返しだと思っていましたが、このように敏感に反応しすぎるのが仇となっていったようです。

心配される映画の降板劇

そして最近では映画を突然降板することになりました。

体調不良で映画「SUNNY 強い気持ち・強い愛」(来年公開予定)の降板が明らかになった女優の真木よう子(35)。
代役については板谷由夏(42)に決定したが、気になるのは真木の降板理由だ。
所属事務所は現状のコンディションでは長期にわたる撮影が難しいと説明しているが……。

どうやら本人は出演従っていたようですが…。

 取材を進めていくと、彼女の撮影がスタートする1週間ほど前の10月中旬に、真木はプロデューサーや監督と内密な話し合いを行っていた。
「降板について話し合うため、プロデューサーや監督が1度話し合いの場を設けたそうなんです。
ですが、そこに現れたのはなんと真木さんひとりで、事務所のスタッフが誰も同席しなかったというんです。
本来であれば、こういった大事な話し合いには事務所の社長なりが出向くのが筋ですが、現場マネージャーすらいなかったといいます」(広告代理店関係者)

なぜ、事務所関係者は誰も出向かなかったのか。そこにはある事情があったそうで、「真木さんは、どうもプロデューサーと監督に“降ろさないでほしい”と直訴しに行ったようなんです。
だから、彼女の事務所スタッフが誰もいなかったんですよ。
ですが、彼女の状態を心配する事務所サイドとしては、この大作を乗り切れる自信がなかったのでしょう。
さすがの大根監督も今回ばかりは彼女の映画への意欲よりも、体調面を優先したのではないでしょうか
」(映画配給会社関係者)

激やせの原因・理由もどうやらその繊細過ぎる性格ゆえかもしれません。
体重も30kg台にまで落ちているんじゃないかと心配される真木さん、ゆっくり休養してまた素敵な笑顔と素晴らしい演技を見せていただきたいですね。

 

 

→ [関連記事] 真木よう子の整形を昔の画像から現在まで比較!

 

→ [関連記事] 真木よう子は目頭切開したせいで目が変で怖い?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)