沢井美優の整形してる噂はウソ?劣化した顔の画像が衝撃!?

女優の沢井美優さん。沢井美優さんに整形疑惑が!同じセーラームーンに出演したメンバーで北川景子さんや泉里香さんは有名ですね。そんな沢井美優さんの現在の姿が劣化した?と話題になっていますので昔の写真と比較しまとめていきます。

清楚なイメージでずっと清純派を進み続けている女優の沢井美優さん。
整形している噂はまったくのウソだという事実が判明!?
劣化した衝撃画像があるとの噂は!?
沢井美優の顔にまつわる噂を調べてみました。

元モデルの沢井美優

沢井美優さんは女優のイメージが強いのですが、実はデビューのキッカケはスカウトで、その後雑誌「ラブベリー」の専属モデルが初仕事のようです。
2001年の創刊号の表紙も飾っていました。

その後女優デビューを果たし、現在まで女優として活躍されている沢井美優さん。
そんな沢井美優さんの整形の噂や劣化の噂があるらしい…ということで、調べてみました。

整形なしの天然美人!?

ネットで探してみましたが、沢井美優さんの整形に関する情報は全く見当たりませんでした。

スポンサードリンク

まだ10代でしょうか?
あどけなさの残る表情がとても可愛い沢井美優さん!
これだけ可愛ければ整形なんて必要ないですよね。

整形の噂が一時的にあったのかもしれませんが、完全にウソなのでしょうね。
それにしてもかわいい。

整形していない自然美人だったのですね。

衝撃の劣化画像

30歳となった現在も可愛い沢井美優さんですが、劣化したのでは?という声もあるとか?
どうなんでしょうか?画像を探してみて驚きです!

大きな目がうつろに光、目の下に青黒く大きなクマが。
くちびるも血色が悪く、かさついた感じ。
これはいったいどうしたの!?

死んじゃいました…。
そんなメイクです。
いかが?(笑)
メガネないけど。

ビックリしましたね。
どうやらドラマのためのメイクで、これは2010年に放送された「新・警視庁捜査一課9係 season2」に出演した時のようです。

沢井美優さんは劣化したでしょうか?大人っぽくなりましたが、美しさはそのままって感じですよね。

一時、地中海文明のころだろうか、沢井美優は劣化したなあ、やはりタレントは人に見られてないとダメだなあ、と思った時期があったのだが、うさぎちゃんのままだよ。
少なくともプリンセスセーラームーンのままだよ。
メイクや表情によってかわいくもなれるし、きれいにもなれる。
同年代の出演者の中でけっして引けを取ってない、輝いていた。
役柄があまり輝かない役なんだけどね。

昔のイメージから脱却する時、一度「劣化」と言われるのは女優の宿命なのかもしれませんね(笑)

スポンサードリンク

今も続くセーラームーンの絆

沢井美優さんで検索すると必ず上がってくるキーワードと記事が「セーラームーン」です。
そうなんです!女子に大人気だった「セーラームーン」が2003年に実写版のドラマとして放映されていたんです。

1990年代にテレビアニメ化され大ブームとなった武内直子の漫画『美少女戦士セーラームーン』を原作に、CBC・電通・東映製作によって制作され、TBS系列各局で毎週土曜7:30〜8:00に放送された。

しかも、なぜこれがそれほどまで話題になっているかというと…。
お気づきの方やご存知の方も多いかもしれませんが…。
出演者が!!

日本を代表する女優と言っても過言ではないほどの人気女優、北川景子。
モグラ女子というモデルもグラビアもこなすジャンルで人気爆発の女優、泉里香。
人気女性誌「CanCam」のモデルも務める安座間美憂。
グラビアでも大人気、二時間サスペンスにも常連となっている女優、小松彩夏。
そして、沢井美優。
と現在も活躍中、ブレイク中の女優が勢ぞろいしているのです!

ある特撮関係者が言う。

「北川景子が演じていたのは、セーラー戦士のセーラーマーズ。
彼女をはじめ、セーラー戦士全員が今もそれぞれ芸能界で活躍しているというのは、異例のことかもしれませんね」

しかも、それがなぜ今もこんなに話題に上がっているかというと…。

ずっと仲良しだから!

ネットや雑誌などでは、セーラームーンの格差を書かれることもあるようですが。

『ミタ』でのちょい役などと比べてしまうと、やはり北川景子の活躍ぶりが群を抜いている感がある。
アイドル事情に詳しい編集者は言う。
「放映当時は、原作のキャラクター人気も相まって、マーキュリー人気が高かったように思います。
マーキュリーが悪役化してしまうなど、ストーリー上重要なポジションも割り当てられていました。
北川のマーズは、変身後の黒髪ロングの姿などが印象的で存在感もあったのですが、役的には正直3番手、4番手の扱いでしたからね。
その後のブレークぶりには驚きました」
とはいえ、『セーラームーン』出演時の北川と安座間は、雑誌「Seventeen」(集英社)のミスセブンティーンとして、一部ではすでに有名な存在でもあった。
前出の編集者は分析する。
「業界内でのそこそこのポジションとマニア層とは別に、最初から一般層の、しかも同性に支持されていたことが、実は地味に影響しているかもしれません。
特撮番組の当たり役に恵まれた場合、その後もずっと役名のまま呼ばれたり、役のイメージがどうしてもつきまとってしまうこともありますからね。
沢井美優はまさにそのパターンになってしまったかもしれません。

そんな声は聞こえてこない!
と言った仲の良さではないですか?

泉里香さんも大ブレイクまでに時間がかかりましたし、まだまだ沢井美優さんもこのあと大ブレイクする可能性もあるかもしれません!
ずっとこのまま美しい5人の友情は続いてほしいですね。
そして、沢井美優さんのますますのご活躍も願っております。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)