仲間由紀恵の整形は目と鼻?歯列矯正と豊胸疑惑も。顔がでかい?劣化した?

女優の仲間由紀恵。

ドラマ「TRICK」「ごくせん」などで有名になり、何と言っても2014年の「花子とアン」での熱演も話題になりましたね。

そして2014年俳優の田中哲司さんと結婚し、離婚の噂もなく新婚生活は旦那の田中哲司さんが
「今もキレイです」などとノロケるくらい順調そうです。

しかしそんなキレイな仲間由紀恵に整形の疑惑が・・・

仲間由紀恵は整形してる?

スポンサードリンク

幼少期

スクリーンショット 2016-08-13 13.19.19

髪をサイドで結んでおでこ全開!!

幼少期なのでまだ顔はふっくらとしていますが、それでも可愛いことに変わりはありません。

子供の頃はセーラームーンみたいですね。

 

小学生?

スクリーンショット 2016-08-13 13.21.19

目が大きいですね!この頃から子役としてデビューしていても不思議ではないキレイな顔立ちえをされています。

 

小学生高学年

スクリーンショット 2016-08-13 13.23.01

かなり日焼けしていますね。さすが沖縄育ち!
こういう写真の時ってなぜか若干眠たそうな顔になりますよねw

 

中学生体育祭の時の写真

スクリーンショット 2016-08-13 13.24.43

中学生の時からこんなに大人びていたんですね。

キレイな人ってこの頃から雰囲気が出てくるんですね。

 

中学生卒アル

スクリーンショット 2016-08-13 13.26.25

もう天使のような笑顔ですね。
エラもなく、シャープなあごつきが、仲間由紀恵さんそのものです。
ちなみにこちらは「すっぴん画像:と言われているそうですよ。

それにしても可愛いすぎますね。

 

高校生

スクリーンショット 2016-08-13 13.32.29

この頃は少し太り気味だったのか、顔が大きい感じですね。

高校生になり化粧を覚えて頬なんかはチークを塗っているんでしょうね。

しかし前髪が絶妙なくらいなびいていますね。

 

高校卒アル画像

スクリーンショット 2016-08-13 13.35.45

こちらも顔がまん丸で全体的にでかい印象です。
何かの反動で過食気味になっていた時期だったんのでしょうか・・・

 

16歳の時に工藤静香さんの所属事務所を紹介され上京しましたからね。

出身地の沖縄を離れ、東京で生活するのはかなりのストレスになったんでしょうね。

鼻は少しボテっとしている感じですね。

 

そして現在

スクリーンショット 2016-08-13 13.40.44

肌も白く、ナチュラル美人といった感じですね。

鼻筋はボテっとしていなくてスッと通っています。
唇もふっくらした印象です。

天然美人と言われる仲間さんですが、この画像を見てしまうとそうではないのかと思えてきますね。

 

目が変化した?

元々二重だった仲間由紀恵さんですが、かなり大人になるにつれてキレイなビシッとした二重に変わっています。

スクリーンショット 2016-08-13 13.44.37

現在

スクリーンショット 2016-08-13 13.44.43

元々、パッチリ二重の彼女ですが、現在は昔に比べて、二重はばの食い込みが大きくなっていることがわかります

また左目には元の二重線の痕跡も見えますので、目は整形と見て良いのではないでしょうか。

目元がすごくスッキリとしていて、タレていたはずの目尻が、むしろスッと上がっているようにも見えるよね。

左右の目の大きさも均等になっているし、まぶたの腫れぼったさも取れていつよね。

目の二重幅を広げると同時に、まぶたの脂肪も取り除いたのかもしれませんね。

目頭切開目尻切開の可能性もありますね。

可愛い目尻が下がったアイドルフェイスからキリっとしたクールな知的美人の目に180度変えるとなると勇気がいりますね。

ネットでは整形していないと言われていますが、これは「黒」ですよね。

 

鼻も変わった?

スクリーンショット 2016-08-13 14.01.42

現在

スクリーンショット 2016-08-13 14.02.04

スポンサードリンク

10代の頃は団子鼻の彼女ですが、現在は鼻筋の通った美しい鼻になっております。

成長でこの変化はまずないと思いますので、鼻も整形と見て良いでしょう。

やった施術はプロテーゼの挿入と、小鼻を少しいじったくらいなのではと思われます。

image

現在は鼻も高く美しい顔になりましたね。

女優業として第一線で活躍するには必要なメンテナンスなんでしょうね。

 

歯の隙間も?

14年の間山田奈緒子(仲間由紀恵)の相当なすきっ歯が生まれてました。
前歯のすきっ歯はファッションとしてセレブの間で流行ったらしいが、山田奈緒子のすきっ歯は下の歯。人体の不思議さですね。

yjimage-2

なんとも海外セレブというのは崩すというファッションなんでしょうね。

日本人にはわからないスタイルですね。

現在でも海外にはすきっ歯の女優やモデルが多く活躍していますね。
おそらく文化的な違いだとは思いますが、海外ではすきっ歯を「幸運の歯」と呼ぶところもあるそうで、わざわざ日本みたいに強制はされないそうです。

日本でもそう言った文化が根付けばいいのですが、見た目や美意識の違いから当分は「整った顔立ち=美しい」という風潮が続きそうです。(まあ当然かもしれませんが・・・)

仲間由紀恵さんの好きっ歯画像はこちら

yjimage

そんなことはないと思っていましたが、意外にもすきっ歯だったんですね。

 

ちなみに歯の隙間が生まれる原因としては・・・

・顎の大きさより歯の大きさ小さいとすきっ歯になります。

・歯周病になると歯の土台が弱くなり、歯がぐらついてしまい、前歯に隙間が出てきます。

一流女優としてはすきっ歯は印象が悪くなりますもんね。

 

顎の大きさよりも歯が小さいのは生まれつきなので仕方ないですね。

歯周病に関しては、今現代人で最も多い病気の1つですね。
30歳以上の約8割がかかっているとも言われていますが、普段の歯磨きや定期的な歯医者でも歯石取りで防げるといわれています。

予兆としては歯茎の腫れや出血が挙げられているので、もしそう言った症状が現れた場合は早めに歯科医にかかった方がいいかもしれませんね。

またこの歯の隙間ですが、矯正や被せ物で隙間を埋める事により治るそうなので、今すきっ歯でも心配する必要はなさそうです。

yjimage-1

まあ彼女に関しては、下の歯意外は歯並びもいいですし、パッと見た感じだとそこまで違和感はないのであまり気にする必要はないでしょう。

若干前歯がキュっと中に寄っていますがこれも治療のせいでしょうね。

yjimage

完成したらキレイな歯になりました。

 

豊胸疑惑

スクリーンショット 2016-08-13 16.12.56

現在

スクリーンショット 2016-08-13 16.13.03

カップサイズに関してはあまり変わった印象は受けませんね。

まあ今は、ブ◯の種類やパッドによって大きさを変えることができると思いますし、胸に関しては判断が難しいですね・・・

ちなみに仲間由紀恵さんはAカップだそうです。

 

顔がでかい?

image

顔がデカイ?

どうでしょうか?
個人的にはあまりそうではないのかと思いますが、世間の声では・・

・顔が大きい
・顔が大きくて全体のバランスが・・・

などという意見があります。

仲間さんの場合は顔はそこまでデカくはないが、それよりも肩幅や体が小さいので顔が大きく見えてしまうんだそうで。

ですが、顔が大きく見えることは女優にとっての利点にもなって着物が似合うんですね。

yjimage

仲間由紀恵さんは2006年の「功名が辻」での主演を含め、大河ドラマに3回出演しまいます。

また、同じくNHKの連続テレビ小説「花子とアン」などでもまさに大和撫子と言わざるおえない美貌ぶり。

yjimage-1

またテレビや映画のように顔をアップにすることができない舞台では、顔が大きい方が表情がはっきりわかるため舞台映えもする。

2012年に亡くなった森光子さんがライフワークとしていた舞台「放浪記」の主演を2015年に引き継ぎましたが、そこでもしっかりと存在感のある演技を見せていました。

しかし周りの女優やモデルの方の顔が小さいためにデカイと言われてしまうとは芸能人も大変ですね。

 

劣化した?

全盛期の写真と比べてみましょう。

yjimage-2

現在

yjimage-1

36歳という年齢をふまえると劣化は免れないですね。

ネットユーザーの意見は・・・

・何か、仲間由紀恵、年取ったね?
・肌の調子が悪そうな気がする。
・仲間由紀恵、少し太った?
・髪の分け目が広がって、ハゲかけてる。
・顔、大きくなった。

スクリーンショット 2016-08-13 17.00.59

確かに『しゃべくり007 2時間SP』に出演した際に太った印象はありましたね。

太ると劣化、肌の調子が悪いと劣化・・・・

芸能人って大変ですね。

まあこの時、妊娠か?とも噂されましたが、今もそのようなことがないみたいです。

スポンサードリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.